DreamKids Basketball club in sapporo 札幌のバスケットボールクラブチーム

ドリームキッズ

設  立 2001年4月
代  表 片桐 三千代
主な活動歴 各年度において全道からのチーム参加による
スプリングカップ(5月)
サマーカップ(7&8月)などを主催
沖縄遠征(04年1月、05年3月)
福岡遠征(アスカときめきカップ参加)06年9月
岡崎遠征(矢田杯参加)07年2月

2001年4月「クラブチーム・ネットワーク札幌」を組織、チーム名をドリーム・キッズとし、札幌を中心として新しく発足したバスケットボールのクラブチームです。

私たちはバスケットボールをやってみたい・学びたいと思うすべての子供たちに、「すぐれた指導」と「適切な競技環境」を提供することを目的とし、高い理想を掲げ広い地域からの多くの子供たちの参加を求めて活動しています。
バスケットボールをとおし各方面への限りない可能性のある子供たちに対し、少子化の進むなか指導者不足が深刻となるなかにあって、参加の自由・活動の自由が保障された、より良い環境の場を恒久的に提供するとともに新しい考え方での競技方法への取り組みを実践しています。

学校区の枠を越えて、広く各地域から集まる仲間たちとチーム編成をし、交流し、バスケットボールを志す同年齢の仲間たちと友情を育むとともに(横のつながり)、中学生・高校生・社会人のバスケットボールチームとの連携(縦のつながり)を図り、練習やゲームをとおして、より高い技術や戦略・戦術の知識を提供していきます。

活動範囲は、道内のみならず、他県への積極的な遠征・交流を企画し、質の高い体験を提供しており、子供たちの最終到達点をより高く描きながら、志の高い、全日本に通用するバスケットボールプレーヤーを輩出するチームであることが、クラブチームドリームキッズに与えられた使命と受け止め活動を続けてまいります。

このような方にお勧めします。
  • 子供の将来にわたり、優れた指導を受けさせたいと強く願っている方
  • 基礎・基本を大切にして、技術の習得をさせたいと考えている方
  • 近隣に、バスケットボールの参加チームが見つけられない方
  • 登録問題などのことで、大会への参加が出来ないでいる方
  • 参加チームにとらわれずに、バスケットボールを経験させたい方
入会の制約
できるだけ多くの方に窓口を開放していきたいのですが、クラブは現在練習会場の確保に問題を抱えております。
従って入会員の制約が必要となっております。
申込受け入れ年齢を小学校1年~5年生とします。小学校6年生は基本的に夏休み終了までを入会可能としています。
中学生・高校生は小学校在籍者の継続会員のみとします。よって中学・高校からの参加は受けておりません。
クラブの心得三原則
チームの一員としての自覚を持ち、言葉遣いや礼儀を正しくする
スポーツマンとしてルールを守り、他人に迷惑をかけない
練習や試合では一生懸命を心がけ、お互いに声を掛け合い励まし合おう
ドリームキッズスタッフ
  • クラブのジャンヌダルク
    片桐 三千代
    かたぎり みちよ

    おしごと
    スポーツ屋さん

  • クラブの太陽
    佐藤 憲生
    さとう のりお

    おしごと
    お船屋さん

  • クラブのカメラ小僧
    佐藤 進
    さとう すすむ

    おしごと
    車屋さん

  • クラブのご意見番
    西村 正
    にしむら ただし

    おしごと
    除雪屋さん

  • クラブの信号機
    柴田 伸俊
    しばた のぶとし

    おしごと
    お茶屋さん

  • クラブのひめ
    川村 綾
    かわむら あや

    ドリーム一期生
    (当時小学5年生)

  • クラブのドキンちゃん
    安東 芹菜
    あんどう せりな

    ドリーム一期生
    (当時小学4年生)

事務局
住 所 〒060-0008 札幌市中央区北8条西20丁目2-7 中島製茶(内)
電 話 011-618-0405
FAX  011-621-7056

PAGE TOP